司法書士になるまでの軌跡

司法書士受験生に戻り、司法書士になるまでのブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

振り回された一週間
いつもは私が所長を振り回してご迷惑おかけしているわけですが

今週は私がずっと振り回されていました。

その一

所長が私に仕事を振り忘れてた事件

税理士の先生から進捗状況の確認の電話があって発覚。

書類のチェックだったのですがここから色々とありました。

訂正が多すぎてヤバ過ぎwwwと思いながら

ここをこう訂正してくださいと手書きで書き込みまくっていたのですが

どうも無理があって厳しい。

というわけで、「別紙のとおりに云々」と書いて別の紙にPCで印字して

まぁ作っていたわけです。

しかし、こんなに大幅に訂正してくださいというものを送りつけるのも

失礼だなぁとなりまして、結局、税理士の先生に了承を取り

私が一から作成してそれを案として送るということに変更しました。

チェックと校正案の作成に1.5日。

新しく一から作成するのに1.5日。


その二

その一と並行して、登記識別情報の未失効照会のやり方で色々とありました。

結局、法務局側が間違えていたのですが

その一と並行して、私が法務局と所長の仲介役で動いていました。

これに0.5日。


その三

とある登記で取り下げをする事態に。

15年のベテランの人が、変なふうに登記の書類を作ってしまいまして

まずはそれで登記が通るかどうかわからないということになりました。

これで所長が激怒!!!

この人が作ったものと所長がつくったものを連件で申請しました。

法務局に書類を提出に行ったのは私で

特に誰から頼まれたわけでもないのですが、

私は書類の提出を頼まれた際には必ず、印紙の額、日付があっているか等

ざっと明らかなミスがないかチェックしてから提出しています。

ここで、所長の作った書類で確実に登記が取り下げになるミスを発見。

さっき激怒していたのに自分が大ミスをしていたので謝罪していましたが

とりあえず、取り下げは防げたのでよかったと思っていました。

が、しかし!!!

法務局から取り下げの電話がありまして

結論、所長のミスでした。

それは根本的な登記の中身の問題なので

提出前にざっと見るだけは防げないものでした。

この取り下げの手続きをその一と並行して私が全て行いました。

これに0.5日


その一からその三の間に

自分が担当しているお客様との打ち合わせがあるし

電話にも私が出ないといけないし

インフルエンザで休んでいたせいで遅れてる案件で問い合わせがあるし

自分の仕事も進めないといけないし

色々と雑務もあるし・・・

本当は今日出勤したかったです。

仕事が処理できてなさすぎてヤバイです。

姪の初節句でみんなでお祝いをしたので出勤できませんでした。

こんな時に限って難しい会社の登記が2件ありまして

調べても曖昧なことしかわからず、明確な結論は書いてありません。

鬱だ(´・_・`)


特に整理せずに長々と書いてしまいました。

申し訳ありません。




スポンサーサイト
  1. 2018/03/03(土) 18:27:22|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する




<<2キロ差 | ホーム | 中国料理めっちゃうめーwww>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。